ミューノアージュを成分からみた効果

「オクタペプチド-2」が発毛を促進

「オクタペプチド-2」という成分が、美容液であるミューノアージュ一剤の主となって毛母細胞の増量を助け、発毛を促進します。

 

 

頭皮の肌荒れを抑える「シソエキス」

肌荒れの改善をしてくれる作用がシソの葉にはあるとされています。頭皮の肌荒れや傷みを抑える効果を、含有しているこのシソの葉が発揮します。

 

 

「ヒアルロン酸」と「カツミレ花エキス」が乾燥を防ぐ

化粧品の配合成分によく見られるヒアルロン酸ですが、ミューノアージュにも含まれ、肌をしっとりさせる効果があります。同様にカミツレ花エキスも、潤いを保つ作用で、元々肌に備わっている外部の刺激からの保護機能を保持できるよう、頭皮の乾きを防止します。

 

 

5種類の成分が髪を育てる

髪の毛が生まれ育つのを助ける作用がある5種類の成分配合の、育毛剤であるミューノアージュの二剤が、薄毛の悩みを解決していきます。5種類の成分とは、発毛の効能が高いことにより従来の育毛剤にも配合されることが多々ある、グリチルリチン酸ジカリウム、センブリエキス、ピロクトンオラミン、パントテニルエチルエーテルや酢酸DL-α-トコフェロールです。

 

上記の成分が、一剤で育まれた毛髪の元である毛母細胞に作用して、健康な髪をぐんぐん育てていきます。

 

 

頭皮環境を整える天然由来の成分たち

また、髪が育つ助けとなるよう、頭皮環境を良くするために、ニンジンエキス、イチョウエキス、カキタンニンといった成分が、ミューノアージュの二剤には配合されています。血の巡りを良くする働きで頭皮の細胞を健やかにするニンジンエキスやイチョウエキスは、さらに潤いを保持する効果と肌の荒れを抑える効果に優れています。カキタンニンも、優れた潤い保持効果に加えてニオイを抑える効能も併せ持ち、頭皮の状態を良くしていきます。

 

 

添加物6種を使用しておらず低刺激

ミューノアージュが着色料、香料、石油系界面活性剤、鉱物油、アルコール、パラベンといった添加物を使わないのは、安心安全でしっかり長く使い続けられる育毛剤を目指したからです。ヘアカラーを楽しむ人も女性も多いと思いますが、ミューノアージュはアルコールを含有していませんので、カラーの色落ちに困らされることがなくなる点も、女性に嬉しいポイントです。

 

そして、今まで使った育毛剤で、添加物によるきついニオイや、ベタベタした感触に不快感を覚えた人もいるかと思いますが、ミューノアージュは自然由来の成分を主としていますので、心地良く毎日使い続けることが可能なのです。

 

Wのアプローチで有効成分を深浸透!詳細は以下画像をクリック↓