デルメッドを成分からみた効果

「CTP」が効果的にBMPに作用する

デルメッドに配合されているのは発毛有効成分「CTP」(6−ベンジルアミノプリン)です。優れた効果から他多数の育毛剤にも使用されているこのCTPは、1995年にその時の厚生省から、発毛に効き目があると認められている成分であり、それから現在まで長きに渡って発毛に役立てられているのです。

 

この成分は、果物の育ちを促進させたり、ランの花の咲く時期を調節したり、草木の細胞を活性化させるのに効き目があるということで、元来は農作のために利用されていた成分です。その頃三省製薬は、500種類をも越える原料を調査し、白髪を抑制する製品を作ろうとしていました。その時に見つけ出されたのがCTPであり、三省製薬はデルメッドを作り出しました。

 

つまり、CTPが毛髪の基盤となる毛母細胞の機能を促進させるBMPと呼ばれる物質を活性化できるのは、元々CTPが、細胞を活動的にさせて、育ちを進める作用があるためなのです。BMPの生成が、CTPを加えることで135%も増量したという研究結果もあり、この結果からも、CTPの育毛効果が証明されていると言えます。

 

毛髪が弱くなり、抜けていくのが気になっていた方も、デルメッドで毛母細胞を活性化させて、健やかで強い髪を多くすることで、髪の問題を解決に導くことが可能となるでしょう。

 

 

「サリチル酸」の優れた抗菌効果

優れた抗菌効果を見せるサリチル酸。その働きから、多数の衛生製品、医薬品にて利用されています。毛髪が育つ土台である頭皮は、健やかな毛髪を育むためには状態を良好に保つことが大切です。しかし菌が増殖しやすい箇所でもあり、そのため実は肌荒れが発生していることがありますが、髪に覆われているため目視ではわかりにくいところです。

 

よって健康な髪を育てるにはまず頭皮の肌荒れを防止し、フケや痒みを抑える必要がありますが、サリチル酸はそういった問題に効果的に働いてくれるのです。

 

「ホップ抽出液」の女性ホルモンに似た作用で美髪を育成

ホルモン様物質という言葉がありますが、これは色々なホルモンの役目と同じような機能を、ヒトの体の中に取り込まれてから見せる物質のことです。その中に、女性ホルモンのエストロゲンと同じような活動をするものでホップ抽出液と呼ばれる成分がありますが、デルメッドはそのホップ抽出液を配合して、女性の育毛に役立てています。

 

エストロゲンは、年を重ねることに比例して減っていきます。しかし、まだ若いうちに、人に寄っては見違えてしまうくらい薄毛がどんどん進行する男性の薄毛とは違って、女性の髪が長い期間減らないのは、この髪が育つ周期を長くするエストロゲンの作用によるものです。

 

毛母細胞に働きかけるBMPも、実は年を取ってエストロゲンが減るのと同時に減っていってしまいます。髪の毛が若い頃と変わってしまったと感じるのはそのためです。そこに、エストロゲンと同じような作用のあるホップ抽出液が効果を発揮します。艶のある、綺麗な若かりし頃のような美髪を育てるために、減少したエストロゲンの代わりとなって、髪の育成に有効的に働くのが、このホップ抽出液なのです。

 

女性ホルモンの働きに注目!詳細は以下画像をクリック↓