更年期は抜け毛が加速しやすい

女性の薄毛は特殊だといわれることもありますが、いわゆる更年期障害のひとつととらえることもできます。

 

更年期の特徴と薄毛の関係

個人差はありますが、更年期障害はだいたい40代半ばくらいから始まることが多いです。この時期は閉経の時期が近づくことで、女性ホルモンの分泌量が一気に現象することがあります。これが更年期障害の大きな原因のひとつになっています。その余波は、女性の髪にも及びます。

 

髪と女性ホルモンの関係は非常に密接で、特にエストロゲンの減少によって女性の髪の成長が十分でなくなることが多いです。つまり、男性と同じく薄毛のリスクが増加することにつながります。

 

また、ストレスが薄毛の原因になるといわれますが、エストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量の減少は、結果的に精神の不安定を招き、ストレスをためる原因にもなるのです。こうした更年期の特徴が薄毛や白髪の原因にオーバーラップすることは珍しくありません。

 

 

更年期に起こる薄毛の特徴

更年期障害の一種となりうる薄毛には、いろいろな特徴があります。ひとつに、ボリュームダウンに気づきにくいという特徴が挙げられます。その理由は、一極集中的な薄毛ではなく、女性の髪全体的に起こるという特徴が、更年期の薄毛にはあるからです。そのため髪の植生が疎である頭頂部という、一番気づきにくい箇所の薄毛が起こりやすいのです。

 

更年期による薄毛は、女性ホルモンの分泌量の減少による髪の成長の阻害が原因です。それだけに、一極集中ではなく、全体的なボリュームダウンという形で現れるのです。更年期に差し掛かる年齢になってきた女性で、なんとなく普段の髪型に違和感を覚えるようになったときには、それはもしかしたら薄毛のはじまりのサインになっているかもしれません。

 

 

更年期の薄毛の対策について

更年期の薄毛は女性ホルモンの分泌量の減少によって起こるトラブルですから、更年期の薄毛に何らかの対策を講じるとするなら、やはり女性ホルモンの分泌量をできるだけキープするという発想が重要です。特に、元々髪が細い、ボリュームが少ないという女性の場合、薄毛の進行が速くなるリスクもありますので、早目の対策が必要になります。

 

更年期の薄毛の対策として有効なのが、イソフラボンの摂取です。イソフラボンは大豆製品などに豊富に含まれる栄養素です。積極的に大豆製品を摂取するというのがひとつの方法になります。それ以外にも、やはり薄毛というと血行障害が原因となっている可能性も高いです。

 

ですから、血行障害を改善する努力も、更年期の薄毛の対策としては有効です。頭皮マッサージや運動によって血流を促すという方法が最もポピュラーです。また、洗髪時の注意も怠ることはできません。というのも、薄毛を気にしすぎるとどうしても洗髪がおろそかになりがちになるからです。

 

しかし頭皮の衛生がキープできなければ、薄毛を助長します。薄毛の悩みがあるからこそ、頭皮はしっかりと洗っていただきたいと思います。ただ、あまりにも力を入れすぎてしまうと、頭皮にダメージが及びますので、それもマイナス効果です。ゴシゴシこするのではなく、頭皮をマッサージするようなイメージで、たくさん泡立てながらしっかりと汚れを落としていただきたいと思います。

 

>>>前髪が薄い女性必見!人気おすすめ育毛剤ランキング

関連ページ

女性用育毛剤の副作用の恐怖
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
女性用育毛剤を控えた方がいい人もいる
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
どのくらい抜けると薄毛になるの?シャンプー時にチェック
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
ヘアカラーはハゲを加速させるのか?
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。