ヘアカラーはハゲを加速させるのか?

カラーリングを施す女性が増えてきていますが、これは女性の美意識がますます高まっていることの表れでもあるはずです。ただ、ヘアカラーが髪へのダメージとなり、女性の薄毛の原因にるとする説も、近年ささやかれるようになっています。

 

ヘアカラーの仕組みとは

ヘアケア製品はいろいろありますが、同じ髪に用いる薬剤であってもヘアケア製品には属さないアイテムもあります。その代表となるのがカラーリング剤です。カラーリング剤はケアのために用いるのではなく、髪を染めるために用います。

 

日本人の場合、基本的には黒髪の人が多いですから、カラーリング剤として有効な機能は、髪からメラニンを抜きとり、別のカラーを染めこむところにあります。そして、それがカラーリング剤の基本的な仕組みになります。メラニンが豊富な日本人の髪は、それだけ強い質を持った髪であると考えられます。

 

それだけ、カラーリングするためにはかなりパワフルなカラーリング剤が必要になります。その分、カラーリング剤を多用すると髪へのダメージが大きくなることが懸念されます。さらに、髪に本来含まれていない薬品成分が浸透するため、髪を作っている構造自体が崩れやすくなり、それが切れ毛や抜け毛の原因になると考えられているのです。

 

 

ヘアカラーは頭皮にも悪影響を与える

それだけパワーが強いカラーリング剤ですから、髪だけでなく、頭皮に対しても悪影響を与えるリスクが高いといえます。カラーリング剤自体が頭皮に対して刺激物である時点ですでにデメリットとなりますが、刺激が強いものが塗布されることによって、これを浸透させないという適応が働き、頭皮から分泌される皮脂の量が増加します。

 

皮脂量の分泌が増加すると、毛穴のつまりなどトラブルの原因になりますので、結局薄毛を助長するファクターとなってしまいます。さらに悪いことに、カラーリング剤が浸透した髪は、紫外線への耐性も低くなっています。透過度も増しますので、紫外線が頭皮まで到達するリスクも上昇するのです。

 

これも皮脂の分泌などのトラブルを助長するため、薄毛の原因になります。ですから、もちろん用いるべきではないとは言いませんが、必要最小限のカラーリング剤を使用し、適正に使用することが何よりも重要です。

 

 

スタイリング剤やパーマ液にも要注意!

カラーリング剤だけではありません。カラーリング剤によるトラブルと似通ったメカニズムのトラブルは、スタイリング剤やパーマ液によっても引き起こされるのです。もちろん、カラーリング剤にしてもスタイリング剤やパーマ液にしても、使用すれば必ず薄毛になるということではありません。

 

しかし、これらのアイテムを使用しない女性にくらべれば、使用する女性のほうがはるかに薄毛のリスクが大きくなるということだけは、しっかりと理解しておく必要があります。ですから、これらのアイテムを使用する際には、いかにして効率的にメリットだけを取り出し、デメリットを封じ込めるかが重要なのです。

 

>>>前髪が薄い女性必見!人気おすすめ育毛剤ランキング

関連ページ

女性用育毛剤の副作用の恐怖
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
女性用育毛剤を控えた方がいい人もいる
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
どのくらい抜けると薄毛になるの?シャンプー時にチェック
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
更年期は抜け毛が加速しやすい
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。