女性用育毛剤を控えた方がいい人もいる

女性にとって薄毛は致命的ですから、どんなことがあっても改善したいと願うものです。そのための手段として、育毛剤の使用が真っ先に検討されることになるでしょう。ただ、状況やその人の体質などによっては、残念ながら育毛剤の使用を控えたほうがよいケースもあるのです。

 

妊娠中の女性は危険

妊娠中の女性にとって育毛剤の使用は危険が大きいです。ご自身のホルモンバランスが崩れやすいということもひとつにありますが、お腹の赤ちゃんにとってリスクが大きくなることも考えなければなりません。ホルモンバランスが崩れているときは、副作用が最も起こりやすい状態です。それだけに、妊婦さんが安易に育毛剤を使用するのは非常に危険なのです。

 

また、男性型脱毛症(AGA)治療薬として最も有名なフィナステリドは、使用すると胎児への悪影響が及ぶリスクが高まります。そもそも、一般的なフィナステリドの場合、女性への効果は認められていません。薄毛自体がホルモンバランスの崩れによるものであるケースも考えられますので、デリケートな時期には育毛剤の使用に慎重を期していただきたいと思います。

 

 

低血圧の女性は要注意

フィナステリドと並んで育毛剤として使用されるのが、ミノキシジルです。ミノキシジルは血行促進の効果が高い薬品です。ただ、血管を拡張して血行を促しますので、低血圧を起こすリスクがあります。

 

ですから、元々血圧が低い女性にとって、フィナステリドは使用すべきではない育毛剤ということになるのです。ちなみに、ミノキシジルが生まれた元々の目的は、いわゆる降圧剤としての期待が大きかったということを付け加えておきます。

 

 

心疾患の持病がある女性

育毛剤に含まれる有効成分として、ミノキシジルの名前を挙げる人は多いです。ただ、ミノキシジルは副作用の大きさでも知られる薬品です。特に、心疾患を持病に持つ女性にとって、ミノキシジルの使用はたいへん危険です。血流に強く作用するのがミノキシジルの特徴ですから、心臓に何らかの不安がある女性には、ミノキシジルは禁忌であると考えるべきです。

 

 

皮膚トラブルがある女性

皮膚トラブルが現在ある、もしくは起こりやすい女性にも、育毛剤の副作用は起こりやすいです。かつて育毛剤というと、頭皮を刺激することで発毛効果を得るというスタイルでした。その名残は今なおあり、これが頭皮のトラブルを引き起こす原因になる場合もあります。

 

確かに、刺激を与えることで頭皮の血行は多少促進されますが、皮膚が弱い女性にとってはマイナスの影響のほうが大きいです。皮膚トラブルのリスクを回避するためには、パッチテストなどを事前に行い、アレルギーチェックをしてから育毛剤を使用すべきでしょう。

関連ページ

女性用育毛剤の副作用の恐怖
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
どのくらい抜けると薄毛になるの?シャンプー時にチェック
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
ヘアカラーはハゲを加速させるのか?
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
更年期は抜け毛が加速しやすい
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。