薄毛と女性ホルモンはどんな関係?

女性の薄毛と切っても切り離せないのが、「ホルモンバランスの乱れ」です。女性の身体は非常にデリケートにできているため、ホルモンバランスが崩れやすいのです。

 

髪に対する女性ホルモンの役割は重要

女性ホルモンにもいろいろな種類がありますが、中でもエストロゲンと呼ばれるホルモンは、身体的な部分で女性らしさを強調する働きがあります。そして実は、女性特有の美しい髪も、このエストロゲンと呼ばれるホルモンが関係しています。

 

エストロゲンの重要な役割のひとつに、女性のヘアサイクルのうち、成長期を長く保つ働きがあります。それゆえ男性以上に髪が抜けにくく、女性の長く美しい髪が成長するのです。

 

ホルモンバランスの乱れによる弊害

エストロゲンをはじめとする女性ホルモンの分泌量が減少すると、女性の薄毛のリスクが増加します。上でお話したとおり、まずは成長期が短くなるという弊害が表れます。成長期が短くなると、髪が成長する期間が短くなるわけですから、女性特有の髪の美しさを損ない、抜け毛のリスクが高まるのです。

 

また、女性ホルモンの分泌量が減少することにより、血流にも影響が出やすくなります。たとえば、肌質が衰えたり冷え性、むくみなどの症状が現れたりするのもその影響です。血管は全身にめぐっているわけですから、血行不良の影響は頭皮にも及びます。血行不良による抜け毛のリスクの増加はすでに知られるとおりです。

 

 

更年期は特に注意が必要

女性ホルモンの分泌量は、年齢によって変わってきます。30歳過ぎから徐々に低下しはじめ、40歳を過ぎて更年期の兆候が見られることもあります。女性ホルモンの分泌量は年齢が進めば低下しますので、加齢によって女性の薄毛のリスクが増加することになるのです。もちろん薄毛は髪全体に及びますので、ボリュームダウンがはっきり感じられます。

 

そうなると、比較的髪の植生が疎であるつむじ付近がどうしても薄毛になりやすいのです。女性ホルモンの分泌量を低下させないためには、食生活を見直す必要があります。イソフラボンを含む大豆製品を積極的に摂取するなどの努力が必要です。

 

 

女性ホルモンの分泌を良くするために

男性と違って、女性の薄毛の原因は比較的はっきりしています。ですから、まずは女性ホルモンの分泌を再び活性化させるという治療の方向性がイメージできます。上で挙げた大豆製品(イソフラボン)の摂取はその一例です。他にもストレスを解消する、運動不足を解消するとった手法も薄毛に悩む多くの女性が採用します。

 

忙しい現代人でも、特に女性はしなければならないことが多いですから、どうしても睡眠不足に陥りやすい傾向があります。これも女性の薄毛を助長する原因になります。肌のターンオーバーや髪の成長が盛んに行われる22時〜26時は、女性の美容のゴールデンタイムと呼ばれます。この時間にできるだけ深く眠ることで、髪の成長は効率的に促されます。

 

睡眠時間、眠りの時間帯、眠りの質など、どれもベストであることが望ましいです。

関連ページ

女性特有の抜け毛の原因について
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
女性の脱毛症の種類について
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。
こんな人は要注意!前髪が薄くなりやすい!
前髪が薄い女性の原因と対策をお伝えします。原因を把握すれば、前髪の薄毛は改善することができます。市販で買える女性専用の人気おすすめ育毛剤を、ランキングでご紹介します。